観察して発見する、自然の知恵。

2016/06/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

長男6歳の自然観がオモシロイこの頃。
自然の捉え方、自分の基準がすっかり出来上がってるんだなぁ。

感心します。

 

 
P1000011-thumbnail2

例えば、こんな感じ。

・でっかい砂漠をみたとたん。
こんなに大きな山になるくらい砂があるってことは、
近くに海があるんだよ。
海の風は強いから、きっと大きな山になるくらい砂を運んでこれるもの。
とか。

・ある写真をみて、
あ!ここはグランドキャニオンだよ!!
○○がみえたもん。
とか。

・これくらいの雪山だったら、ユキヒョウが住んでいるんじゃない?
とか。

・これはチューリップだね。
(葉っぱだけみて)

・これは、○○クラゲっていうんだよ。
・これは、○○アリっていうんだよ。
(写真をみて、名前と特徴、生息地をいう)

・あ、飛行機雲だ。近いうちに雨ふるんだね。

・あ、風が変わったね。寒くなるよ。

観察の中から発見して、学ぶ智恵。
財産だね。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.