上質なコーチングを学べる場、創りたい

2018/06/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

コーチングっていう名前は、どんどん広まり。
コーチという人も増えました。

 


その分、いろんなコーチングが増えてきていて、
より質は様々な状況のような気がしています。

コーチングは、人が機能するコミュニケーションです。
誰でもトレーニングすれば、使えるコミュニケーションだけど、
しっかり扱わないと人を傷つけ、人を壊すパワーももつ分野です。

私は、出会えたコーチが本物で、
本当に素晴らしいコーチングをコーチを受けながら体得してきました。
コーチングが何かってことよりも、コーチングがどういう分野なのか、
自分の人生を通じて体験して、掴んできたトレーニング。

本物のコーチングをしっかり学べる場。
その大事さを痛感しています。

上澄みだけ学んでも、
コーチングが逆に人生をこんがらがらせる可能性があるんです。
人を探究し続けること。
その真髄を、しっかり体験できる場。

それが、石川尚子さんと一緒に創ることで、
出来上がりました。

【連続講座】オランダ流・実践型コーチング連続講座

5年間、どっぷりつかったコーチングコミュニティーを離れるとき。
コーチングを公に広めることは避けたいと思いました。
簡単に伝えれる分野ではないし、中途半端は危険だと思ったから。

コミュニティーを出てからは、
コーチングを知らない人たちの中で、
自分という存在から、新しい場を生み出してきました。
孤独との時間。
たまに、会うコーチ仲間の存在に支えてもらいながら、
自分の町で、自分の場所から、場を生み出していく。

自分の本気度と、力、培ってきたセンスを自分で試してきた時間でした。

同時に。
コーチングの上澄みだけが伝わって行く世の中の流れや、
探究とかけ離れていく時代の流れ。

やっぱり、本物のコーチングに触れてみてほしい。
本物のコーチの在り方に。
その分野の可能性に。

オランダでコーチングへの誇りを取り戻したのも後押しになって、
自分のコーチアイデンティティが、とってもシンプルになりました♪

探究するということ。
もともと日本人のお得意分野なんですよ。
物事を深め、現実を通じて自分を掴む。

自分の人生を自分で創り上げていく醍醐味を、
もーーっと積極的にやっていくぞ~~

と決めて。

石川さんと大阪で連続講座をスタートすることにしたのです!

今の私が、本当の私(笑)
今までの数年間は、いろんなものに変化変容してきた私。
どっちも私だけれど。

本領発揮で、いかせていただきます!!!!!

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.