自分らしいは、自分が自分で選んだ最高のプレゼント♪

2017/10/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

私たちが、一人一人違うってことには、意味がある。
違うものに興味があり、趣向が違い、感性が違う。

親子だったとしても
兄弟だったとして
双子だったとしても

みんな違う。

私たちは、生まれてくる前に、
自分の個性を「自分」で選んでくる。

その自分の個性を開花できる環境を
手伝ってくれそうな親を選んでいるはずだし、
今も、そう動いているはず。

自分の個性は、自分自身が決めた、
この世界での貢献方法なんだと、
私は思うんです。

世界は、誰かが創っている訳ではなく。
今、存在している「命」が全て繋がって、
1つの世界を創ってる。

それぞれ、みんな、役割が違う。
全員が違うからこそ、1つが保たれている。
それが、世界のつながり。

違うものが違うまま、存在し合う世界。
それを調和っていうんだと、私は思う。

日本に流れている「和を尊ぶ」って、
本当は、こういうこと。

お互いを尊重し、あらゆる違う存在と共に、生きるってことを、
あたり前にしていた時代があるし、
日本人の魂の受け継いでいる精神なんじゃないかな。

だからこそ、私たちは、どこかでこの感覚を知っている。
教えられたわけじゃないのに、本当に調和されたものを見た時に、
「あぁ、これ・・」って、深い所で感じるものがあるでしょ・・・。

我慢して、自分を押し殺して、周りに合わせて、場を保つってことじゃないんです。

だから、こういうこと、あるでしょ?

自分以外の誰かとともにいる時、
自分は全く気がつかないものに、
一緒にいる人が気がつくってこと。

反対もあるよね。

自分は気がついているのに、
他の人が全く気がついていないってこと。

鋭いとか、鈍感とか、
そんな話じゃない。

持っている役目が違うからこそ
日常で立っているアンテナ(センサー)が違う。
だから気がつくことが、違うし、タイミングが違う。

1人が気がつけるのは、
全部のうちの、本当に一部。

残りの部分はね、
他の人が気がついていたり、
持っていたりするんだよ。

みんな同じで、
同じことにしか気が付かないならば、
生き残れない。

みんな違うから、みんなが違うセンサーを持ち、生きているから、
結果的に、全体を保ってる。

だから。
自分のままの感性で、何かを感じた時、
それを大事に生きるって、すごく大事。

相手の感性に耳を傾け、
尊重しあうことで、
世界はシェアされ、
「ホントのこと」が立体的に見えてくる。

だから、あなたがあなたで在るように。
何をどう選ぼうと、
地球というフィールドの中で、
みんな一緒に、今を生きている。

そのことには、変わらないのだから。

世界は、みんなの違いと共に、未来へ向かってる。

自分らしいは、
自分が自分で選んだ、
最高のプレゼントなんだから♪

それを表現して、
この世界で貢献しよう!!
って
私は、これがいい!!
って、ちゃんと自分で決めてきた

大事な大事なものなんだから。

自分らしくいるのに、
誰の許可なんていらないよ。

そして、誰も奪う権利なんてないはずだよ。

今日も、自分を生きよっ♪

 

【おまけ】

★自分らしく生きよ!って決めたら、苦しくなってしまった人がいたら・・・

それ以上に今、大事なのは、
「自分の感性に正直にいる」ってことかもしれない。

その場にいる全員は違うっていったとしても、
「私は、こうだと思う」って、
自分の感じた事を大事に、いれるかどうか。

それって、自分の勇気にかかってる。

その勇気と共に、
自分を生きていくかどうか。
問われている時期に入ってるような気がしてる。

だからこそ。

自分の人生を歩むためには、
「逃げる」「別れる」「離れる」って勇気も
私は大事だと思う。

残念だけど、
今の日本には、
「違いが違いとしてあっていい」という文化が、
全て育っている訳じゃない。

そう生きている人もいるけれど、
違いに耳を傾けない人も
違いを排除する人も
違いを力や権力でつぶしにかかる人や場所もある。

まだまだ二極化が進んでいるし、
おそらく、まだ進む。

それは、違うものは違うまま、
お互いが活かし合うためのプロセスなんじゃなかな。

自分が「自分の立場にたちきる」ことで、
結果的に、必ず調和が起きてくる。

と、私は思っている。
というか、信じてる。

だから、ちゃんと自分のあるべき場所にあること。

本来、
自分が取り組むべきは自分の人生のはずで、
他の人の人生に、あれこれ手出し口出しするのはナンセンス。
どんな道でも、その人のものであって、どう生きようと自由なんだから。
あなたが責任を唯一のものは、自分の人生に対して、なんだから。

自分が、自分や環境に対して、
やれること全部やりきっても
「自分が自分で在れない」
人、関係、場所は、
「逃げる」「別れる」「離れる」って
あっていい。

大丈夫
我慢が足りない
努力が足りない
いつか必ず
まだまだこれからでしょ

他人は、色んなことを言う。

でも、もしあなたの身体と命が壊れそうで、
本当は、危ないと感じている何かがあるならば。

必ず、また、あなたの場所から、道は続いていく。

「自分らしく」生きるって決めるという事は、
「自分らしい」状態を常にチェックして、
「自分らしい」状態がとれないものから、少しずつ遠ざかる決断も
大事になっていく。

あなたそのものを大事に、応援してくれる、
「あなたがあなたであれる」
人間関係、場所、必ずあるから。

まずは、コンフォートゾーン(自分が心地よい場所)にきちんといること。
自分が自分のままで、生きること。
全ては、そこから・・・。

「心地よい」は、一緒に過ごして、場所にいて、
感じられる感覚でもあるから。

自分のまま生きられる「本当の心地よい」がわかったら、
その自分で繋がりたい人、場所を選んだり、創ったりしたらいい。

人生は、修行だ!
修行じゃないからね。
苦しみを乗り越える・・乗り越えなくてもいいんだよ。
苦しみの先に、成長があるわけじゃない。

成長は、自分の中の「喜び」が原点にあるんだよ。
本当は、そうなんだよ。

自分が信じてきたもの、何度も見聞きしてそうだって思ってきたもの、
全部正解じゃないんだよ。

一度「そうなの?」って疑って、
違うこと、試してみたら、違う世界が見えるから。

本来は、自分であれる喜びで、楽しさが溢れるもの。

出会う人、繋がる場所変わるのも、
必然だよね。

一生懸命頑張って、
自分を押し殺して、
生き抜く時代が終わりに向かっているから。

時代が少しずつ、後押ししてくれる。

その1つ1つの行動が、必ず、
世界の調和に繋がってるから。

その自分の中にある意図を、どうか信頼してあげてね。
そして、行動してはじめて、自分の世界と道が生まれていくよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.