「自分で決めた!」主体性は、そこから発揮される。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

「主体性」
この言葉。

子供の主体性を・・・
って合言葉のように言われるけれど
主体性ってどういうことなんでしょ。

主体性のある子どもに育てる、そんな方法なんてあるの?

私が体験したことから、何かを感じてもらえたら嬉しいなと思います。

10年ほど前、子供キャンプのプログラムの中で、
「子供ミーティング」というのをしたことがある。

2泊3日の子供キャンプ。
プログラムは一応決まっていたんだけれど、
全部大人が決めるなんてもったいない。

「スケジュールは、子供たちが決める!っていうのは、どうですか?」

そんな提案を、キャンプリーダーにさせてもらった。

2泊3日のキャンプ。
プログラムができる枠は決まっている。
プログラムの数も決まっている。

その1つ1つを、スケジュールという枠に落とし込む。
それを、子供たちが決めることができたら、
用意されたキャンプが、自分たちのキャンプになる!

そんな提案を、受け入れてもらい。

はじめまして!の小学生8人と、
子供ミーティングをした。

ファシリテーターは、任せてもらえたので、
作戦と準備はもちろん万全にしましたよ!

1つ1つのプログラムをカードにして、視覚化して。

そのカードを、全員に配り。
まずは、全員が自由に、自分の希望を出せるように工夫。

1人1人が、自由に希望を表明。
それを、ホワイトボードに張っていき、
全員の希望が、1つの場所にそろうように。

全員の希望、意見がオンテーブルできてから、
ミーティングスタート。

1つ1つを、確認しながら、決めていく。

多数決では決めない。
対話で進める。
1つ1つ、1人1人が納得してから、進む。

1枚の紙には、一人の思いや意思が現れているから。
だから、大事にする。
そのことを話しながら、進めていく。

それぞれの思いや理由。
1つずつ聞いて、みんなが自分の思い、他の人の思いを全部大事にしながら、
こうしたらどうかな?じゃぁ、こっちでいい!
時に、アイディアを出し、時に、自分の意見を変え、
30分ほどの時間の中で、
無事に流れが決まった!

「これで、決まりでいい?」

そう聞いたら。

「決まった~!!おっけ~!」

と帰ってきたときの、子供たちの目が忘れられない。

受身の目と、自分が前に出てくるときの目。
まったく違うから。

最後に、全員で決めたスケジュールの確認をした。

何時に、どこ集合。
何時に、何をする。

1つ1つ確認し、
みんなで決めたスケジュールを全員が見える場所にはっておいた。

翌朝。

全員が、あっという間に、集合場所に集まってくる。
それも、時間前にそろう。
アラームも、声かけも、必要なし。

ちょっとぎりぎりだったスタッフが、
「おそい!!」と子供に言われていた(笑)

自分の意思で、
自分が決めたもの。

それこそが、
子供が主体的で在れる大事なこと。

「自分たちのスケジュールだ!」

その後も、
キャンプ中、時間のあれこれ、
細かい指示なんて一切必要なかった。

子供は、生まれたときから主体的。
主体性なんて、持たせる必要ない。

だって、持ってるんだから。

すでにある主体性を、
そのまま発揮できるように、
環境を創ること。

そのとき、学んだ大きなこと。

主体的な子供たちの言動は、
聡明で、判断力があり、責任を持ち、
大人が正されるほどだった(^^;)

リーダーそのもの。

もともと主体的な子どもたち。
もともと主体性がある私たち。

発揮できる環境と関わりがあれば、
主体性はどんどん育つ。

主体的な子供を育てる方法。
それは、きっと、主体性を発揮できる
環境と関わりを大事にするっていうことだと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.