セルフレッスン~自分を大切にする時間をもってみる~

2017/07/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

子育てレッスンなんぞ、書いてみよう。

子育てしていると、自分の時間ってものと無縁の生活になりますね。
特に、お母さん!

 

自分が食べたいものより、子どもが食べたいもの。
自分が行きたい場所より、子どもが楽しめる場所。
自分のおなかが優先ではなく、子どものおなかがすいたがごはん。
自分が味わって食事するよりも、子どもの話を聞き、ご飯の手伝いをし・・・。
自分のリズムで生活するよりも、子どものリズムで生活することになる親。

 

特に母親はそうなんでしょう。

 

そうやって、自分以外の誰かのために、自分の存在を明け渡して関わる時間。
子どもが小さい間は必要であり、ある意味本能的にしている部分もあるんだと思います。

 

 子育てする生き物として、自然にそうなっていく。

 

だからといって、自分を全部投げ出して、誰かのために生きるなんてことは、
絶対に健全ではありません。
だって、子どもと自分は全く違う人間であり、
まったく違うリズムを本来は生きている存在なのだから。

 

だからこそ、たまーに、時間を作る必要があるんだと思います。
たった1時間でもいいから、母親から「自分」に戻る時間。

 

何が好きで、何が心地よくて、何を望んでいるのか。
自分はどんな人間なのかを確認する時間。
この時間を定期的に持つことで、
自分を見失うことなく、自分を大切にしながら、
本能に従うことができるんだと思います。

 

毎日子どもと向き合うお母さん。
誰かに無理行ってでも、一時預かりと利用してでも、
定期的、自分時間を作ってくださいね。

 

自分を大切することが、他の人と大切にできることに繋がるので・・・。
自分を大切にできないと、他の人を大切にすることが難しくなりますよ。

★チェックポイント★

「どうしても子どもにイライラしちゃう。優しく出来ない!!!」

そんな時は、

自分に優しくしてあげてくださいね。

子どもにできないっていうことは、

自分がそれが足りてない!!ってことでもあるからね。

 

自分が今すぐできる「やりたいこと」を

いくつか自分のためにしてあげてください。

 

・掃除しない
・部屋片づけたくない
・ご飯なんて作らない!!

 

そんなことでもいいんです。

自分の「こうしたい!」って叫んでる声に
どうか耳を傾けてみてね。

 

そうしたら、あなたの中にある優しさと温かさが、
あふれ出てくるはずだから。

 

そして、お父さん。
どうか、みなさんの奥様を「母親」から解放してあげる時間を
定期的に用意してあげてくださいね(^^)

イライラカリカリしていたら、
イライラカリカリされてしまったら、
「ぎゅっ」って思いっきり抱きしめて(笑)

男性の愛の一番のパワーは、
大きな大きなの包容力だと私は思っています。
その男性性の大きな愛が包まれたとき、
女性はとっても幸せなんですよ。

★どうしていいか、わからない!!って方は、
こちらもご活用くださいなっ♪

大人のための「自分の人生自分で創る♪」体験型講座

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.