いつかの約束

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

友人のフェイスブックにあがった神社の写真。

・・・どっかで見たことがあるなぁ。。。

 

そう思っていたら。

 

思い出した!!!

私、これ見たことがある!!!

 

そういえば・・・。

 

そんなことがきっかけでおもいだした、

ある日の約束。

 

今回の金沢出張を決めたのは、

実は、尾山神社に行きたいという自分の思いからだったもの。

 

はじめて金沢に行ったのは、多分10年くらい前。

その時、師事していたコーチとの活動で、大阪の講座を主催していた私。

 

日本中津々浦々に、

人が力づけ合うコミュニケーションを文化にしたい。

 

そんな気持ちをもって活動していた頃。

ふと、日本地図をみていたら、

どうして日本海側には講座の開催場所がないんだろう。

 

これじゃ、日本中には届けられない。

日本海側にいかなきゃ!

 

そう思った数日後。

 

サンダーバードに飛び乗って、金沢駅にいた私(笑)

 

講座の会場探しをしようと思ってきていたので、

色んな会場だけを見に金沢入り。

 

金沢、どんな場所かもしらずに行ったら。

まさかまさかの、大雪だった・・・苦笑

 

駅を出たら、吹雪(笑)

歩いてみたけれど真っ白(笑)

 

あら?遭難!?

 

仕方がないのでタクシーを手配してもらって、

数か所の会場にタクシーで運んでもらったのです。

 

「おねーさん、何しに来たの?」

 

「会場見に来たんです。」

 

「え?他にはどこにいくつもり?」

 

「会場を見たら帰ります。大阪に帰らないといけないので。」

 

「え?大阪から来て、どこもみないの?」

 

「はい(^^)」

 

何度も聞かれたけれど、

私はひたすら会場をみてまわっていて。

 

運転手さんは、なんだか悶々としていて。

 

全部の会場を見終わった時、すでに夕方。

 

帰りの電車の時間は決まっていたけれど、

少し時間があった。

 

「もう終わったんでしょう。

せっかくだから、金沢のいいところみていってほしいな。

タクシーのメーターもう止めるからね。

タクシーからだけど、連れて行ってあげるから。」

 

運転手さんは、

そう言って金沢城や兼六園、近江町市場を道路から紹介してくれて。

 

最後に行ったのが、尾山神社。

 

ちょうど夕暮れ。

ステンドグラスがとっても綺麗で、

とっても幸せな気持ちになった。

 

「今度は、ゆっくりいらしてください。

そして、ゆっくりいってくださいね。」

 

そう言われて。

 

「わかりました。今度はゆっくり来て、

連れてきてもらった場所にゆっくり来ますね。」

 

と運転手さんに言ったのでした。

とっても温かい時間だった日。

 

と、いうことを、

友人の尾山神社の写真をみて、一気に思い出した!!!

 

あの日、あの時。

タクシーの運転手さんに言ったこと。

あの時の、温かい気持ち。

 

金沢城、兼六園、近江町市場はその後行った。

 

尾山神社、すっかり忘れていた!!!!!

 

その言葉を思い出して、行こうと思ったのでした。

 

10年ぶりに言った尾山神社。

とっても美しい神社だった。

 

なによりも、思い出せてちゃんと来れた。

そんな気持ちの区切りが嬉しくて。

 

あの日の運転手さんの顔はもう思い出せないけれど、

 

「ちゃんと来れました。あの時はありがとう。」

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2016 All Rights Reserved.