母親だって、堂々と「母」休んだらいいんです。

2018/06/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

ヨーロッパ→日本は、時差戻しが難しくて、
いつも寝不足で帰国。

今回も、ほぼ寝ていないのに、
着いたら朝9時!!という素敵な状況。

上手に細切れに仮眠をして、
夜までもたせて。

寝る前に、子どもたちに相談。

「母は、時差ぼけとお仕事やり終えて、体がとっても疲れています。
明日は、好きなだけ寝て、全部の疲れとさようならしたい。
なので、明日は、昼過ぎまで起きる予定なし!
起きるまで、母はお休みさせてもらいます。
ご飯は、冷蔵庫と棚に準備してあります。
二人で相談して、食べてください。
二人で、ご飯とか必要なことはやって、楽しく過ごしてもらえますか?」

「なんでそんなに寝るの?」

「母は、昨日の夕方からほとんど寝ていないから、
とっても眠たいの。時差ボケだよ、時差ぼけ。」

「なるほどー。わかった!パソコンや遊びに行くのは、自由にしてもいいんでしょ?」

「いつもどおり決めてある中で、自分たちで考えて、楽しくやってくださいな。」

「おっけー」

「ありがとう。じゃぁ、おやすみ!」

母、完全休業宣言!

これが、どれだけ助けてくれるか。

この宣言をした翌日は、
絶対に起こしにこない子どもたち。

本当に困ったことは声をかけにくるけれど、
それ以外は、自分たちで考えて、楽しく過ごすことをしてくれる。

もうだいぶ前から、設けたデザイン♪

子どもたちと同じ家にいても、
子どもたちと同じ時を過ごしていても、
母親を休業できる!

すべては、デザイン次第♪

ということで、
翌日は、好きなだけ休ませてもらい。
ばっちり回復して、元気いっぱいでお昼過ぎに復活・・笑

体すっかり元気になって、
おかげさまで、日常に復活ができました。

ありがとう~~!!と
アイスで乾杯しながら、
おしゃべりする夜は、のんびりいい時間。

そして、どんな時間を過ごしていたのかを思い描きながら、
あちこちに、たくさんのものがちらばった、
荒れ放題の部屋を片付けるのです(笑)

それも、また1つの楽しみ♪

母親だって、堂々と「母」休んだらいいんです^^

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.