月末大掃除という、デザイン。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

毎日掃除をするほど、時間があるわけではない。
定期的に、丁寧に掃除はするけれど、
気分次第になることも多い。

物の片付けも、ちゃんと元に戻すけど、
箱にほおりこんだけになって、ごちゃごちゃしてしまったり、
出しっぱなしにしてしまっていることもある。

忙しい日常の中で、ちょこちょこと溜まるものが増えると、
気になってしまう・・・。

どうしたら、もっとすっきり、心地よく整えられるかな~と考えていたら、
いいことをオモイツイタ!!

月に一度。
月末にしっかり掃除する!ってことにしたら、
どうだろう~~?

月に一度、丁寧に場を整えることを決めることで、
日々は、できることをできるだけ!で終わらせても大丈夫。

という感覚が、自分を軽くしてくれた気がした。

大掃除っていっても、いつもより丁寧に掃除して、
最後に拭きあげるっていうだけなのだけれど。

・散らばっているものを、元に戻す
・不要なものがあれば、まとめる
・各部屋の掃除、場所の棚の掃除
・修繕箇所があれば、チェック

だけ^^

1、2時間もあればおわっちゃうくらいのサイズ。

ただ、場を整えるために、
心を添えて掃除だけする。

それだけの時間が、
自分をすごく整えてくれるものになった。

ついでもおもいついて、
棚卸しと事務処理もセットにしたら。

棚卸しは、
・食品の在庫チェック
(食材や備品などの状況チェック。
防災グッズの多くは、ローリングストックばかりなので)
・賞味期限まぢかの食品は、はやく食べるボックスへ移動
・購入するもののリストアップ

・事務処理
主に、経理処理。
残っている領収書の帳簿入力と、書類整理、仕事に関係する備品の在庫管理

という感じ。

数時間で、
とっても気持ちよくリセットがかかった。

なにより、自分と場の現在地がはっきりする。

現在地(自分の現状)を確認し把握するって、大事^^

1月はまだ数日あるけれど、
2月に向けて、気持ちよい準備ができてよかった!

すごく自分にしっくり来たから、
このデザインを続けてみよう♪

やり方に、自分をあわすのではなく、
自分から、やり方が生まれていく、生み出していく。

自分らしい生活、引き続き楽しもう♪

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.