学校をつくります。

2018/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

ブログにお越しくださりありがとうございます。
自分らしい生き方実践家、木村祐理です♪

20代。
コーチングに出会って、
たくさんの人に出会い、向かい合い、
その人生に耳を傾ける中で生まれた思い。

どの人も、
もって生まれた力はすばらしい。
その力を、そのまま育っていく環境があれば、
人は、自分のもって生まれた使命を
自分の人生で生きることができるのではないのだろうか?

そんな思いは、自分から消えることは無く。
それから15年たった今、どんどん色濃くなった。

15年の間に、
教育に関する様々な研究も、探究も、出会いも、アクションも、
やり続けてきて。
思いは、いつか行動になり。
行動から生まれた結果が、描いている学校や教育を行うためのヒントとなった。

歩み続けた中で、
いっぱいのヒントを手に入れて、
全部をもって、ラップランドの飛んだ。

自分に集まったものすべてが、
1つになった時間。
すべてが、ぎゅっと自分の中に集まって。

大事な大事な、
そして、すごく強い灯となって灯った。

何度と無く言葉にしてきた「学校を創る」

その言葉に、
本当の意味で命が宿ったんだと思う。

サーミトレーニング中、
なんども、自分の中から自分が描いている学校を
自分の外側に出した。

それは、何年も何年も胸にひめ、
いつも変わらず自分の中にあったもの。

「どの命も尊く、どの命にも強い意思がある」

生まれてきたどの命も尊い。
その尊い命が、自分に秘めてきた力、強い意志。

自分が選んできた自分
自分が自分になっていくために、もって生まれた強い意志。

命を感じるたびに、
その声を聴くたびに、
その尊さを感じてきた。

1人1人が心も体も安全であり、
人の尊厳のもと繋がりあう関係。

その安全さの中で、
のびのびと自分のペースで自分を育て、
自分が夢中になる学びや学習ができ、
その1つ1つの体験を通って、自分になっていく。

自分に起こる様々な感情を
感じる自由があり
どんな自分であろうとも
居場所があり
周りにいる仲間が、そっと必要な助けをくれる。

子どもたちはもちろん
先生も
子どもたちに繋がる
すべての大人も

みんなにとって、
人が心からつながりあい
共に生きる
自分が自分で在る場所
そして
自分が自分になる場所

そんな場所である学校。

私がこれから創る場所。

学校は1つの社会なんだと思う。

子どもだけの場所じゃない。
先生も
保護者さんも
みんな、今というときを一緒に生きている。

みんな自分の人生を、せいいっぱい生きている。

その場所が、

そこにいる一人ひとりが
本当に大切にされ、
心と体にあたたかい愛が通る、
愛が基盤の社会を

一人ひとりが大事に
共に生きて、一緒に未来を創っていく

私は、そんな社会を未来へ繋げたい。

4月から、本格的な学校つくりの準備をはじめます。

2月から動かしてきた「ピースフルスクールそら」は、
今自分ができる範囲の活動に縮小をしていきます。
単発のイベントがメインになります。

一番大事な基盤づくりに、専念させていただくためです。

基盤がしっかり整った後、
「ピースフルスクールそら」をリニューアルする予定です。
(動かしてみて、少し変更が出てくるかもしれませんが)

2020年春という、1つの目安は持つけれど、
しっかりと準備をして、場をスタートします。

どこに、出現するのかな。
それも、今はまだわからない。

本当に、ここだ!という場所で、
場を開いていくことになります。

サーミで実際に体験したすべてを、
これから自分の学校つくりにやっていきます。

気がついたら、仲間がいた。
私は、私のやることをやっていく。

さぁ、進もう。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.