オフィスやってみよう 木村祐理のオフィシャルサイト

映画「うまれる」上映会、開催しました。

2020/02/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。
Pocket

1月26日(日)
池田地域コミュニティー協議会主催で上映会を開催しました。

映画「うまれる」とは・・・

【家族は大切だ、命はかけがえがない】という事は、
誰でも頭では分かっていると思います。

しかし、日々の生活の中で、
どうしても「当たり前のこと」のように思えてきてしまいます。

映画『うまれる』は、
「子供は親を選んで生まれてくる」という胎内記憶をモチーフに、
命を見つめる4組の夫婦の物語を通して、
【自分たちが生まれてきた意味や家族の絆、命の大切さ、
人との繋がりを考える、ドキュメンタリー映画です。

★映画「うまれる」のホームページもご覧ください。
http://www.umareru.jp/umareru/whatisumareru.html

 

地域でできる活動を・・と地域コミュニティーに参加して、1年近く。
事業として仲間と提案した、映画「うまれる」上映会。

無事に上映ができました。

地域を超えて、いろんな方にご参加いただけました。
ふらっと来られた方。家族で来られた方。

みんなで一緒に見れる場。

「上映してくれてありがとう。」

「はじめてみた。すごくよかったです。ありがとう」

お声をかけていただけてうれしかったです。

 

個人的に感動したのは、

7歳のお子さんが、ならいたての文字で

一生懸命にアンケートに感想を書いてくれたこと。

赤ちゃん誕生の瞬間(映画で出てきます)、

未就学のお子さんが「おめでとう!!」と拍手していたこと。

 

主催は二回目
見るのは三回目。

今回、
こども達を誘い、
参加してもらいました。

本人達
見る気なかったけど、母が大好きな映画だから、一緒にみてほしいと誘いました。(今日の分の勉強扱いでね、って言ってね。)

結果的に
一緒にみれてよかった。

特に長男10歳の今

わかること
感じること
届いたメッセージが
あったみたい。

映画の中で
一瞬
かならず
全員が静かになる
魔法の時間があって

今日も
その瞬間に
立ち合わせてもらいました

赤ちゃんの魔法
赤ちゃんが
この世界で起こす
奇跡

「地域」で開催できて、よかった。

あらためて、こういう活動を後押ししている市に住んでいることを幸せに思います。

 

ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生をアップデートしよう , 2020 All Rights Reserved.