どうしてもそっちが気になるんだな。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

○○の秋。

ってだけに、
美しい絵を見て、
美しい音楽を聴いて、
美しい物語を読み、
美しい映像を眺め
美しい人と出会い
美しい場所に触れ、
美しい食事を楽しみ、
美しい景色に心が弾む。

どの季節も味わい深いはずなのに、
どうして、秋ってこんなに趣があるんだろうなぁ。

日に日に移り変わる
色や空気が
他の季節と違うからなのかな。

秋は、静かにダイナミックに、
色と空気が動いていくような気がする。

1つのものを見ているときに、
どうしても、その背景にあるものに目が言ってしまう。

すばらしい料理を食べているときに、
ついついその料理が入っている器に目がいく。

活躍している人をと出会っても、
歩んできた人生の物語や、
その人のすばらしさを支えているものを知りたくなるし。

素敵なカフェに入ると、
そのカフェの内装や音楽、働いている人に目がいく。

美しい絵やイラストに出会うと、
その画力だけではなく、
一番表現したいものを表現するための、
色使いやコントラスト、構成や構図に目がいく。

テレビで映画やアニメをみていても、
シーンシーンで変わる音楽に気が行くし、
映画が終わった後に、サントラを探し出して、はまってしまう。

ゲームをしていてもそうで。
場面場面で変わる音楽や景色、色使いに心が奪われる。

人と出会っても、
言葉を超えて、
その人の目の奥にうつる感情や
おなかから伝わる声に目がいく。

どうしても、器が、背景が知りたくなる。

その人が
そのものが
そこにあるものが

そのまんま現れてくる

その人が
そのものが
そこにあるものが

意図通り現れる

その人が
そのものが
そこにあるものが

そんな場・環境

いったい何があるんだろう・・・
って問いが、自分をどんどんひっぱっていく。

辿れば辿るほど奥深くて、
本当に些細なことのようなものが、
すごく大事な役目を担ってたりする。

世界に広がる
無数の表現と色、
感情や人生。

自分の心を掴んで離さない。
ずっと変わらない興味。

・・・・これからも、変わらないのかな!?

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.