オフィスやってみよう 木村祐理のオフィシャルサイト

どうしていままで学校へ行かなかったんだろう・・

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。
Pocket

「どうして、僕はいままで学校へ行かなかったんだろう・・」

昨年度末、長男が言った一言。

 

クラス替えなんか、無かったらいいのに。

クラス全員と、また同じクラスになれたらいいのに。

ずっと、4年〇組がよかったな。

 

5年生、楽しみだな!

誰と同じクラスになるかな、先生誰かな?

 

そんな思いを持って、

はやく学校がはじまることを願っている。

 

1年前。

学校なんていかない。

したいことをすればいいって言われている。

だから、勉強もしたいときにする。

 

そう言い切った子どもたちの前に、私は壁になると決めた4月。

「違うことは、違う。間違っていることは、間違っている」

 

どれだけ言葉でいったって、

腑に落ちるわけもない。

だから、学校という場所に行きながら、

「あらゆる自分」を確かめてくるように、

行きたくないという子どもを、学校へ送った。

 

学校を通じて、

・自分のやることは何か

・学校とはどういう場所か

・勉強するってどういうことか

・学校で得られるものは何か

・学校で失うものは何か

・学校へ行かないという選択をする=「私は、学校以外の場所で学ぶべきものを自分(親)の責任で学びます」について、あなたは、どう考えるのか。

・あなたがやりたいことは、何なのか

・あなたが欲しいものは、何なのか

 

自分がやりたいことだけやるんだ!

って、言っているけれど、何の説得力もありません。

誰かの言葉なのかもしれないけれど、

あなたの言葉じゃない。

 

自分の考え、やりたいこと、気持ち、環境。

自分がどうしたいのか、どこで何を学び、どう過ごしていきたいのかを、

違う環境で、違う人間関係にふれながら、考えたほうがいい。

 

この1年、簡単に言葉にできない1年だった。

子どもを尊重する、子どもに決めさせる、

学校なんていなかくてもいい、好きなことで学べばいい。

私は、この空気を間違えなく作った立場。

 

我が子には、全力でストップをかけた。

この1年、向き合い続けて、何度も何度も対話して、何度も何度も一緒に考えた。

自分がコーチでよかったと、心の底から思ったことが何度もあった。

自分の専門性が、この1年の歩みを支えてくれた。

 

その歩みのすべてに、

生きる力って何なのよってことが詰まっていたって思う。

 

今、学校に行かないという選択をする子どもは、大きく2つにわけられる。

本人は学校へ行きたいけれど、心や体の安全性が保てずに行けなくなってしまった(不登校)

 

本人の意思で学校へ行きたくないという選択をしている(登校拒否)

※やりたいことができない、窮屈、つまんない、勉強する意味がわからない、学校なんていかなくていいって言葉を信じてるなどなど・・・

 

不登校の状況は、おいておいて。

「登校拒否」に関しては、これからしっかり考えたほうが、いいと個人的に思う。

登校拒否になる場合、子どもの何かだけではなく、親の何かが影響して、学校へ行かない選択肢をとっている場合があるから。

 

 

特に、初等教育・中等教育の年齢の子ども達、その親御さんは、

(義務教育課程の学びは、大事です。とても。)

・学校とは、どういう場所なのか

・学校へ行かないということは、何を選ぶものなのか

・勉強とは何か

・子どもと大人の違いとは何か

・社会とはなのか

 

学校へ行かないという選択をするならば、

そのすべてを、子どもと自分(親)で考え、実践し、修了します(させます)。

 

それができるならば、

学校へ行くことにこだわる必要もないし、

それらを実践するほかの方法や場所に通学すればいい。

 

ホームスクーリングが存在する国は、

明確にホームスクーリングの基準やルールがあります。

そのためにいくつもの手続きなどもあります。

 

なんでも、いいわけじゃ、ない。

 

日本は、この基準が不透明です。

 

学校はすべてじゃない、

でも、学校を軽視しちゃいけない。

勉強はすべてじゃない。

でも、勉強を軽視しちゃいけない。

 

休校が続く中、

あらためて、子ども達が学ぶこと、学校という場所、

教育って何のためにあるのか。

 

問いが生まれていたらいいなと思います。

▼お話会では、一緒に考える機会になればと思っています^^

“教育”のお話会します。~子育て・進路・学校・勉強・子どもの未来について~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生をアップデートしよう , 2020 All Rights Reserved.