「どうせ無理やわ」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

「どうせ無理やろう」

長男の口から
出てくることが増えた。

やりたいこと・・・

言ったらいいんちゃう?
明日やったらいいんちゃう?

・・・・。

「どうせ無理やから」

どれだけ一緒に考えたとしても
そこに立つことが、
月日が経つごとに増えていく。

でも、最近の様子で、
明らかに「あきらめていて」
もう行動すら起こさない在り様に、
ちょっとした危機感を持っている。

家や家族の中では、
主体的に自分であれこれクリエイトしている
変わらない彼がいるから、
生き抜く術として選んだことなのかもしれないけれど。

自主性
創造性
可能性
主体性
行動力
交渉力
リーダシップ

そんなものは、全員
が持っている。

環境によって、
たくさんの力で
引き出される部分が変わっていく。

人が変わるわけじゃない。
人が持っているものの中で、
引き出される、発揮される力が変わっていく。

場によって、変わる。

どれだけすばらしいものがあろうとも、
それが発揮する場がなければ、発揮されることはない。
自分でそれを発揮することを選び、
次第に、あきらめと順応と
自分の中で限界という見えない枠を作り出す。

本人の判断でやっていることだから、
それはそれで、見守ってきた。

でも、ちょっとバランスが崩れてきた。
それが、正直な感覚の今。

本当に
心から自分がやりたいことをやる
仲間と可能性を開いて挑戦する

その瞬間や体験の中でしか
感じられない感覚ってたくさんある。

その時間、
世界の体験があるこそ、
自分で考えて、
選んでいる今なのかもしれないけれど。

「どうせ無理やわ」

子どもの
こういう判断力は
すばらしい力だと
思ってる

あらためて
今、自分がコーチングや場作りを生業とし、
子どもたちの環境や
子どもと関わる人たちへ
届けようとしているのか

その原点を思い出せてもらった。

ありがとう。

見守ることはおしまい。
本気に向かわせていただきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.