どれだけあなたを愛していても…

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

どれだけあなたを愛していても、

あなたの思いどおりに応えるわけではないんだよ。

 

あなたの期待通りに動いてくれること≠愛されている

 

そんなことに気づいたのは、自分が母になってからのこと。

 

 

自分のことが全くわからなくなり、

感情を感じいることすらやめていた時期。

自分を傷つけながら、

なんとか生きている実感を求めていた22歳の私。

 

カウンセリングに出会い、

自分がいやされ、

過去を振り返り始めたと同時に

湧き上がってきた憎悪。

 

私が憎悪を向けたのは、両親だった。

 

こんな自分になったのは、両親のせい。

もっとあの時こうしてくれたら。

もっとあの時にこう言ってくれたら。

もっと早くこうしてくれていたら。

 

いろんな自分の中の「こうして欲しかった!」が、

全部両親に向いた。

両親が、もっとちゃんと育ててくれたら、

私は心も体も壊さなかったはず。

 

毎日、心の中で憎しみを向け続けた。

こんなふうになったのは、両親が〇〇してくれなかったから。

 

感謝しなきゃ。

ありがとうって言えばいい。

何度やっても、心の底からそう思えなかった。

自分の苦しみは、全部両親のせいだと思っていたかった。

 

抜け出せないループに入った自分が、

抜け出したきっかけ。

それは、本当に私が心に願った通りに、

父の人生が大きく変わってしまった瞬間。

 

一気に目が覚めた。

自分が願ったことを全部キャンセルし続けて、

毎日毎日お詫びし続けた日々。

泣きながら、空に向かって謝り続けた。

 

ごめんなさい。

ごめんなさい。

 

そうして、自分が両親のためにできること。

必死に考えて、出てきたのが。

伝わるまで、大好きとありがとうを伝え続けることだった。

 

数ヶ月。

一年。

二年。

三年。。。

 

手紙をかいたり、メールを送ったり、一緒にご飯を食べたり。

思いつくこと全部やって、

思いつく表現全部やった。

大好きとありがとうを出し続けた。

それが唯一自分にできることのように感じたから。

 

ある日、初めて、それが繋がりあえた瞬間。

あ、ちゃんと、伝わった。

それがわかった。

 

自分からとめどなく涙が溢れた。

ただただ嬉しかった。

 

私にとって、両親がどこにいても

何をしても、揺るぎない繋がりだってことを

全身で感じられた瞬間だった。

 

同時に、自分が幸せに、自分の人生を謳歌すること。

それが 何よりの親孝行なんだって感じた。

 

自分の人生を本当の意味で生き始めたのは、

この区切りの後だと思ってる。

 

その後、

結婚して、母になってから、

自分を通して、母の存在を感じることが何度もあった。

 

こうやって抱きしめてくれてたのかな

かわいいなって思ってくれてたのかな

しんどいなって感じた事もあったかな

同じように幸せだったのかな

途方に暮れて泣いたことあったのかな

 

色んな気持ちが次から次に出てきた。

 

自分の子どもがぎゃーって夜泣き

でも、しんどくて体が動かない

泣いてるのわかってるの

でも今応えられない

 

何度も泣いた

ごめんね

こんなに愛してるのに

大事な存在なのに

全部を変わってあげたいってほど

大事なのに

今私にはできないの

愛していても

応えてあげられないことがある。。。

 

愛していても

応えられないことがあるんだ。

 

自分が母になってから、はじめてわかったことだった。

 

それを感じた時に、

自分が心にずっと持っていた

両親への「こうしてほしかったのに」が

一気に消えてった。

 

そっか。

応えてくれなかったあの時も、

心の心の一番奥は

私のこと愛してるよ

だったのかな。

 

きっと

どんなときも

全部

 

そうだったんだ。

 

あぁ、私は両親に

どんなときもずっと愛されてきた。

今も変わらず、そうなんだ。

 

そう感じた瞬間、全身に愛が溢れた。

 

私は、両親に愛されてる。

私も両親を愛してる。

 

それが、自分の中で微塵も揺るがなくなった日。

自分の愛がとても自由におだやかになった。

 

きっと。

どの人も同じはず。

 

あなたは、

間違えなく愛されてきた。

生まれてからずっと。

生まれる前からもずっと。

変わらず。

今もね。

 

そして、

この愛が、

一番最初で最高の自己基盤なんじゃないかな。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.