どんな子どもに育ってほしいですか?

2017/07/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

お休みの日の朝といえば・・。
母休業タイム。

朝ごはん、勝手に準備して。
母が起きてくるまで、お越しに来ない子どもたち。

「母が寝ているときは、起こさない」
根付いている、我が家のルール。

兄弟二人、わちゃわちゃと遊び倒していました。
勝手にビニールプール出して、水入れて遊んでた(笑)

・・どうやって、空気いれたんやろ・・・??

めっちゃ荒れ放題の部屋(^^;)
めっちゃ掃除したかった私。

私:「あ!近くの神社で、お祭りやってるよ~。
二人でいってくる?」

子どもたち:「いく行く!!」

私:「じゃ、二人で600円渡すから、半分ずつ使って、楽しんでおいで。」

子どもたち:「やったー!!いってきまぁーす!!」

子ども達がいなくなった間に、猛烈に掃除!!
人がいないって素晴らしい!!
片付く、きれいになる!!

あーすっきりっっ!!

一人、達成感を味わった頃に、
子どもたち帰宅。

手には、お土産。

長男:「ちょうど
お昼ご飯のじかんやろー
焼きそばかってきたで。

でな。
唐揚げもかってきてねん。

1つ食べたら、美味しかったから。
母にお土産。
3つあるから、1つずつ食べよう!!」

私:「わー、嬉しい。ありがとう。一緒に食べようね。」

600円渡して、200円はお土産だって。

こういうお金の使い方、
心の使い方ができる。

自分に出したものがね、
返ってくるだよ。

あなたには、いつも優しさと感謝と喜びが、
返ってくるだろうね。

幸せなお休み。
幸せなおひる時間になりましたっ!!

どんな子どもに育ってほしい?
あなたが出したものが、あなたに返ってくる。
あなたが出してきたものが、子どもに受け継がれいるはず。

子どもをではなく。
自分が、どんな生き方を、言動をしているか。
すべては、そこが源です。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.