【無事帰国】

2017/06/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

オランダでの時間。
自分の中の真実と対話し続けた時間だった。

SAMI研修を受けて、
オランダの空気の中にいて、
自分自身がみっちりコーチを受けて、
こうじくん常に対話を重ねることができて。

たくさんの痛みと
たくさんの喜びと
を何度も繰り返した気がしてる。

今の自分の中にあるもの全部。
全部ちゃんと見たい。

自分の色んなものを変容するために、
全部明け渡した時間。

今、このタイミングでオランダに行ったのか。
その解が自分の中にうまれた。

「愛」と「勇気」は
私の原点なんだってこと。

私は、特別なものなんて、何も持っていない。

ただ自分の愛から生まれた意図を
そのことだけを作り続けたいって立場と、
そこから進み続ける勇気があるだけ。

オランダでの出会い、
オランダでの体験、
対話の中で生まれてきた全て。

自分の中の愛を確かめるため。
自分の中の勇気を奮い立たせるため。

全ては。

「力と支配、恐れから。
愛と喜びが基盤の社会へ。
全ての命が尊重しあい、繋がり輝く世界へ」

私が、創りたいもの。
本当にここに立つために、自分の中を変容した旅。

全部、日本で現実に行動することでシェアして行く。
それをするために、日本に帰って来た。

でも、もう日本の中だけで生きるのは、限界かな。
今の今まで全力でやってきたし、
日本で生きるのが当たり前になってきたけれど。

私、なんで日本に住んでるんだろう?
住む場所、選んでもいいんだよな。

私が過ごしたい場所を日本でつくることはあきらめないけれど、
自分のために、自分が心からいたいっていう場所で、
自分を過ごさせてあげてもいいなって思った。

実際、オランダの滞在中の自分の感度や精度は、
日本と比べモノにならない。

オランダと日本、両方住めばいい。

オランダと日本、家族と個人、仕事とプライベート。
全てが上手くいくように。

そう決めた旅でもありました。

学び舎でずっと積み重ねてきたこと、
オランダで新しく自分のものになったこと、
コーチとしてもう一段深まったこと。

やっぱり10日の講座は、バージョンアップ♩
参加される方と一緒につくる1日、楽しみ!!

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.