「僕が手伝ってあげようか?」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

晩御飯の準備中。

おコメをいれた計量カップを持った手が、
戸棚にコツン・・・

ばらばらばらばらばら・・・・

ちらばる大量のおコメ。

久しぶりにやってしまった・・涙。

「あーーー、やっちゃったー!!!」

たまたまそれを見ていた次男坊。

「はぁー」

とため息をついていたら・・・

「母、僕が手伝ってあげようか。」

こういうとき。
こういう一言って、
本当に心にしみる。

「ありがとう。助かるわ」

話したり、歌ったり。
色んな道具で、取りにくいおコメをとってみたり・・・。
ちらばった米粒を楽しく集めて、
数分で無事に回収。

「ありがとう、助かりました!」

「どういたしまして^^」

とにっこり笑った次男の顔に、
また心が温かくなりました。

今日の私。
朝から大量をお茶をこぼしてみたり、
掃除中に、水をこぼしてみたり、
色んなものをこぼし、まきちらした日。

さすがに凹んでいた最中の、次男の関わり。

いつもいつも。
子どもたちから、学びがあるね。

私も、いつもこう在りたい。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.