「あなたはどうしたいの?」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

「わたしは、○○したいんです。」

 

その人の本音を聴くのが、私の仕事。

色んなことを話す中で、ほんとのほんとのこと、

それはなぁに?

 

 

子どもたちの現場で、

わたしは、いつも子どもたちの本音を聴いている。

 

最初は遠慮がちでもいい。

でも、言ってみたらいいんだよ。

大丈夫だから。

 

そして。

言ってみてごらん。

 

ちょっとした会話の中で、

子どもたちの本音がぽろっとでる。

 

「もっと遅くまで起きていたい」

「○○ちゃんと話したい」

「スタッフの××さんと一緒がいい」

「あれで遊びたかった」

 

そうなんだ。

って聴きながら、ぽろっとこぼれた本音を感じて、

とっても嬉しくなる。

 

そして。

自分が動き出してしまう。

 

なぜかって?

それを聞いてしまったから。

 

 

言ってくれたから、一緒に創っていける。

それって楽しいなって思ってる。

 

冬キャンプで、

スタッフの小部屋っていう、

少し遅くまでおきて、スタッフと話せるお部屋を作った。

子どもたちの様子とニーズを感じて、急遽作った部屋。

高学年の子だけ限定でやったら、クレームがきた(笑)

 

「えー私も参加したかった」

「明日は、参加したい!!」

 

子どもたちの「こうしたい!」って気持ち。

わたしにはいつも、どーん!!って響く。

胸の奥ふかーくにある、何かをわしずかみにされる。

 

聴いてしまうと、

私が動かされちゃうんだよなぁ。

 

ということで、翌日。

 

1つだった

スタッフの小部屋を4つに増やして開催することにして、

私にこうしたい!と直談判した子供たちには、

「ねぇ、もし開催するとしたら、スタッフは誰がいいの?」と聞いてみたら。

 

「絶対、△△さんがいい!!」という、

次のこれがいい!!!という気持ちも聞けて、

そういう声が集まって。

またまた楽しくなっちゃって。

 

無事に、みんなのこうしたい!が形になった(^^♪

 

なぜか、めっちゃ子どもたちに感謝され(笑)

神扱いされた私(^^)

 

いやいや。

すべてのもとは、

あなたは、「こうしたい!!」って言ったから。

全てはそこから、動き出しているだけなんだよ。

 

全部、自分の本音からスタートしているの。

 

「ねぇ、ゆりさん。僕はこうしたいんだ!」

 

そのひと言は、

本人の世界が生まれる瞬間であり、

そこにその人の意図が潜んでいて、

同時に、聴いた私の本気を引き出す(笑)

 

すべてが生まれる瞬間。

 

それは、

 

「私は、こうしたいんだ!」

 

全ては、そこからなんだよ。

 

本音は、人を動かす。
本音は、自分の人生を動かす。

 

とても深く。
とても優しく。
とても力強く。

 

私は、そういう声を聴くのが好き。

 

※自分の本音ってなぁに?

それを聴いて、その声を大事に過ごす1日がここにあります↓

大人のための「自分の人生自分で創る♪」体験型講座

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2017 All Rights Reserved.