【レポ】オランダ教育現場視察スタディーツアー@2018年10月

2018/10/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

2018年10月2日~6日(現地プログラム)
オランダ教育現場視察スタディーツアー、無事に終わりました。

視察プログラムの旅レポ@ダイジェスト版です♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・
<視察プログラムのスケジュール>

10/1 夕方 現地集合→ユトレヒトまで移動、各自宿泊先へ
10/2 お昼前  チェックインミーティング
お昼すぎ ユトレヒトの待ち歩きツアー
10/3 9時頃~ (大人)学校視察1校目
        (子ども)ユトレヒトの公園ツアー
昼過ぎ ふりかえり
15時~ (大人)学校視察2校目
     (子ども)ユトレヒトの町遊び
10/4 9時頃~ (大人)学校視察3校目
        (子ども)ユトレヒトの町遊び
昼過ぎ フリータイム
10/5 9時頃~ (大人+子ども)学校視察校目
昼過ぎ 振り返りシェアタイム
視察プログラム終了、現地解散
10/6~ それぞれのスケジュールで帰国または、自由時間

・・・・・・・・・・・・・・・・・

このツアーは、
現地集合、現地解散の旅!

参加するまでに、いくつものチャレンジありました。
自分で飛行機を手配して、自分で泊まるところを手配する。

自分の予算の中で、
自分が心地よく過ごせる場所を探し、
自分で選び、決める。

申し込みしたら、
すでにスタディープログラムはスタートします。

自分で考え、自分で選び、学びを深める国、オランダ。
その体験そのものが、申し込みと同時にスタートするからです^^

視察1週間前、オンラインで事前勉強会♪

オランダの教育システムについて、
事前に全員で勉強をしました。
また、旅の仲間との顔合わせもかねて、コミュニケーションします。
準備で不安なことなども、この時に確認して、心も荷物も少しずつ準備が整っていきます。

せっかく視察に行くのです。
現地にいったからこそ、聴けることに時間をとるほうが
充実できますよね!
自分でできる学びは事前にしておく。
これも、オランダの学びそのものです^^

今回は、出発日、または出発前日に台風が来たこともあり、
みなさんドキドキの中での準備でしたが。

全員、見事に出発!!!
運も味方してくれた旅になりました^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼10/1@1日目
無事にオランダ到着!

東京から一足先に入国した組はオランダ観光に行き、
大阪組は、同じ便だったので、みんなでユトレヒトまで移動します。

 

・切符の買い方
・電車の乗り方
・犯罪が多い場所の確認

など最小限の情報だけを、
必要な場所でレクチャーします。

いざユトレヒトへ!

到着したら、駅のスーパーへGO!!
今回は、アパート滞在のため、晩御飯や朝ごはんの食材を買いました。

平日の夜だったので、仕事帰りの人がたくさん!!
現地の人たちのお買い物にまじって、
私達もお買い物タイムを満喫しました。

オランダの人たちの日常や暮らしが感じられる時間です。

宿に着いたら、晩御飯^^
時差の関係もあるので、ゆっくり休みます。

▼10/2@2日目
2日目の午前中は、のんびりして。
お昼に、参加者全員が集まって、カフェでミーティングタイム。


・自己紹介
・グループでの約束事・価値観の確認
・視察プログラムのスケジュール確認
をして、いよいよ仲間と視察に向けて、プログラムがスタートです!

打ち合わせが終わると、
希望者だけの待ち歩きプログラム♪
ユトレヒトの町を歩きながら、観光気分を満喫しました^^

 

ユトレヒトの町はわかりやすくコンパクトなので、
ポイントを掴めば、一人で歩きまわれます。
ちょっとしたポイントをお伝えしつつ、歩きました。

学校視察がメインですが、観光も大事です。
オランダの文化、暮らしている人たちの背景、
その中に、教育や学校があるからです^^

夕方には解散♪
その後は、それぞれの自由タイムがスタートです。

みなさんそれぞれに、
ユトレヒトの町を歩いたり、
スーパーに行ってみたり、
翌日に備えてのんびり体を休めたりされていました!

▼10/18@3日目
<視察1日目>
朝、駅に集合して、通訳&コーディネーターの仲本かなさんと対面。
ご挨拶をして、大人チームは車で学校まで向かいます。
今日の学校は、caland lyceum(中高一貫校)です。
https://calandlyceum.nl/

テクナジウムを実践している学校の視察。
みなさんとても楽しみに出発されました。

学校では、学生さんがプレゼンをしてくださり、
実際に課題まで出されて・・・テクナジウムをまさに体験されたようです。

 

子どもチームは、相談して公園へGO!!
私は、子どもチーム担当だったので、子どもたちを公園へ向かいました。
歩いて5キロくらいあったんですが^^;
遊びながら、話しながら歩き。

ついた公園で、子どもようのプレイグラウンドを見つけて、
大はしゃぎで遊びました!

 

普通の公園に、たくさんの動物がいました。
無料・・しかも触れる!

 

あっという間に戻る時間になり、
まだ遊びたい!!という言葉を残して、
大人チームと合流しました。

マーケットで見つけた、フライドポテト製造機(笑)

たくさんの刺激に、すでにみなさんの脳みそはパンパン・・笑

一緒にお昼ご飯を食べた後は、
また2チームに分かれて、活動です。

今日は、視察が2校あるからです。

2校目の学校は、同じくテクナジウムを実践している中高一貫校。
「GERRIT RIETVELD COLLEGE」
https://www.gerritrietveldcollege.nl/

副校長先生が迎えてくださりました。

学校の紹介を聞いて

その後、実際に教室をみせていただきます。
副校長先生自ら、説明をしてくださいました。

学校内を見学した後は、
直接質問をしたり、意見交換をしたりしました。

 

  

話が深まったこともあり、
結果的に、かなりの時間オーバー。
本当にありがとうございました。

視察を終えたら、ユトレヒトへ~^^
子どもたちと合流です。

頭いっぱい!おなかいっぱい!
そんな1日でしたね。

遅くなってしまったので、
シェアタイムを翌日に持ち越して、
今日は解散^^

明日に備えて、みなさん早めに休まれたようでした。

アパートメントで一緒に滞在した組は、こんな感じで晩御飯♪

▼10/4@4日目
<視察2日目>

朝、駅に集合。
今日も大人チームと子どもチームに分かれて活動します。

大人チームは、車で視察先の学校へ向かいました。
子どもチームは、駅で相談タイム。
私は、子どもチームと一緒に活動です。
相談の結果、今日はレンタルボートを借りて、運河をめぐってみよう!というプランになりました。

 

ボートで町めぐりの後は、近くでやっていたマーケットを散策♪

大人チームの視察先は、
今日の学校は、スペシャルニーズの子どもたちが通う学校です。

「De Evenaar ダ・エーヴナー@小学校」

オランダには普通の小学校と特別養護学校、
その中間に特別小学校があります。
何かの理由で普通の小学校にいけなくなった子供が通います。
自閉症などで他の子供たちとのコンタクトがうまくいかない子供や
学習障害がある子供など、スペシャルニーズの子供たちが通います。

http://www.sbo-evenaar.nl/de-evenaar.html

まずは、学校の説明を聞きます。
その後、実際に、授業を見学させていただけることになりました!
教室の中や、先生たちの実際のかかわりを見れたようです。

 

今日も、刺激的で充実した時間。

視察を終えた後は、
子どもチームと合流し、ランチタイム。

ランチの後は、アウトプットの時間です。
・今の自分が感じていること
・発見したこと
など。
それぞれが、自分の中にあることをシェアしていく大事な時間。

シェアタイムが終われば、今日のプログラムは終了です。

フリータイムは、
ビールを飲みに町に出かけたり
買い物に出かけたり
宿で一休みしたり
ランニングに行ったり

それぞれの時間を満喫しました!

▼10/5@5日目
<視察3日目>
今日も駅で集合。
今日は、全員で学校へ向かいます。

子ども達も一緒に学校を見学する日です。
学校がOKであれば、体験入学をさせていただくのですが、
今回の学校は、カリキュラムや環境の関係で体験入学は叶いませんでした。

車で移動する組とバスで移動する組と分かれて出発。
視察先の学校は、「Op De Groene Alm」という小学校です。
https://www.ksu-opdegroenealm.nl/

校長先生が迎えてくださいました。

はじめに学校の紹介聴いて、
その後、教室を自由に見させていただくことができました。

各学年の様子、授業を自由に見学!

 

 

クラスの見学後は、質問タイム。
たくさんの交流をさせていただいて、
またまた予定時間を越えるほどの対話。

子ども達の教育を考え、日々向かい合う人たち。

日本とオランダ、
国は違えど、同じ志を持つ人との出会いになります。

視察が終わった時間は、ちょうどお昼やすみの時間でした。
学校の外に出ると、隣接した校庭で遊んでいた子ども達に遭遇。

たくさんの子ども達が声をかけてくれました。
視察に同行していた子ども達を、
一緒に遊ばせてもらえませんか?

そうご相談させていただいたら、快諾いただき、
少しの時間ですが子ども達同士が一緒に遊ぶことができました。

言葉はわからないけれど、
一緒に遊べるのが子どもなんですよね。

名残惜しいけれど、視察はすべて終了!

そして、視察ツアーのプログラムも終了になります。

全員で、ツアー全部を振り返り、それぞれ感じたことをシェアしあいました。
子どもも大人も、みんなで振り返り。
学びを共有した後、ツアー終了宣言!

現地にて、解散です♪

※日本に帰国して、事後シェア会がもう一度あります。
それを終えて、本当に終了です^^

解散後、それぞれの旅がはじまります。
違う町に移動する方、違う町へ遊びに行く方。

自分のたびを、自分で充実させる!
みなさんの主体性、すばらしかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本、オランダから参加してくださった
大人4名、小学生1名、幼児1名
合計6名の旅でした。

今回は、お一人お一人が事前にオランダのこと、
視察先の学校のことなどを調べてきてくださいました。

環境から、
何をどれだけ学ぶのか。
そこにあるものから、
なにを引き出すことができるのか。

あるものは変わらない。
だからこそ、一人ひとりの意図や行動が、
得るものを変えていくだなぁと実感した旅になりました。

フリータイムには、
自分がやりたいことをやってみる!
現地を自分で見て感じてみる!

自分がやってみたいことを、
色んなツールを使いながら、
自分なりにやってみる時間でした。

コンフォートゾーンをどんどん超えていくみなさんに、
たくさんの刺激をもらいました。

自分の時間を、旅を
自分で充実させ、学びを深める。

オランダの教育に流れているものを、
みなさん自身が、現地で体験されたのだと思います。

普通のツアーは「受け身」だと思います。
でも、私たちが視察に行く国は、「受け身」とは程遠い国。

オランダに流れている「主体性」をもって取り組むこと、
オランダの教育の一端を体験していただけていれば、嬉しいです。

勇気あるみなさんと
お互いを尊重しながら、
オランダで仲間になり、
暮らしと学びを共にできたこと

感謝しています。

参加してくださったみなさん
通訳とコーディネートをしていただいた
仲本かなさん
サポートしてくださったみなさん、
現地でご縁いただいたたくさんのみなさん。

ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★オランダの教育について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

★細かい視察レポート(学校ごと)は、こちらにアップしていきます^^
気長におまちください!

★オランダ教育現場視察スタディーツアーシェア会
名古屋で開催が決まっています。
開催希望がありましたら、お声掛けくださいね。

★オランダにいってみたい!方、一緒に行きましょう♪(日程が決まりました!)

オランダ教育現場視察スタディーツアー、次は2019年です。
2019年は3つのツアーを催行予定です。

・親子でオランダ体験ツアー / 2019年3月27日~2019年4月1日(4組限定)
※学校視察はありません。

※以下のツアーは、教育関係者(大人のみ)可能なツアーです。
・オランダの教育に興味がある方(特に特別支援に興味がある方)対象 / 2019年6月11日~6月15日
・オランダの教育・学校に興味がある方 / 2019年6月18日~6月22日

詳細は、下記のフォームからお問い合わせくださいませ。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.