【レポ】オランダ教育現場視察スタディーツアー@2018年6月

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

2018年6月16日~20日(現地プログラム)
オランダ教育現場視察スタディーツアー、無事に終わりました。

視察プログラムの旅レポ@ダイジェスト版です♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・
<視察プログラムのスケジュール>

6/16 夕方 現地集合→ユトレヒトまで移動、各自宿泊先へ
6/17 午前中 ユトレヒトの待ち歩き
午後   チェックインミーティング
6/18 朝~  学校視察
昼過ぎ ふりかえり
15時~ フリータイム
6/19 朝~ 学校視察
昼過ぎ フリータイム
6/20 朝~ 学校視察
昼過ぎ 振り返りシェアタイム
視察プログラム終了、現地解散
6/21~ それぞれのスケジュールで帰国

・・・・・・・・・・・・・・・・・

このツアーは、
現地集合、現地解散の旅!

参加するまでに、いくつものチャレンジありました。
自分で飛行機を手配して、自分で泊まるところを手配する。

自分の予算の中で、
自分が心地よく過ごせる場所を探し、
自分で選び、決める。

申し込みしたら、
すでにスタディープログラムはスタートします。

自分で考え、自分で選び、学びを深める国、オランダ。
その体験そのものが、申し込みと同時にスタートするからです^^

視察10日ほど前、
オンラインで事前勉強会♪

オランダの教育システムについて、
事前に全員で勉強をしました。

せっかく視察に行くのです。
現地にいったからこそ、聴けることに時間をとるほうが
充実できますよね!
自分でできる学びは事前にしておく。
これも、オランダの学びそのものです^^

今回は、視察先でプレゼンをすることも決まったので、
出発前は、みんなであれこれ準備して!

6/16を迎えました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼6/16@1日目
無事にオランダ到着!

空港で、お迎えして、みんなでユトレヒトまで移動します。

・切符の買い方
・電車の乗り方
をレクチャーして、いざユトレヒトへ!

到着したら、翌日の確認をして、それぞれの宿へ向かいます。
到着した夜は、それぞれの夜を過ごします。
22時まで明るいオランダ。
元気いっぱいの方は、夜のお散歩を楽しんだみたいですよ!

▼6/17@2日目
2日目の午前中は、ユトレヒトの待ち歩き。
希望者だけのプログラムですが、ほぼみなさんが参加してくれました^^
ユトレヒトの市街地をメインに、のんびり待ち歩き。
ちょっとした観光気分♪

この日は日曜日だったので、行く教会教会で、ミサをやっていました。
お天気がよかったら、大きな公園でバーベキューピクニックしたいなと思っていましたが、
あいにくの曇り空に、ぱらぱらと雨。
ランチは、カフェでいただきました!

午後からは、全員そろってチェックインミーティング。
・自己紹介
・グループでの約束事・価値観の確認
・視察プログラムのスケジュール確認
をして、いよいよ仲間と視察に向けて、プログラムがスタートです!

▼6/18@3日目
<視察1日目>
朝、駅に集合して、バスで学校まで向かいます。
今日の学校は、De Rietakker小学校(ダルトン教育)です。

学校に到着したら、早速校長先生が迎えてくださりました^^

学校の紹介を聞いて

その後、実際に教室をみせていただきます。
校長先生自ら、すべての学年を回ってくださって、説明をしてくださいました。

すべての学年を見学した後は、学内でフリータイム^^
7年生と8年生の教室を、自由にみてください!とのことで、
それぞれ、気になる教室に入り、先生とお話したり。

校長先生に、直接質問をしたり、意見交換をしたりしました。

昼食後、日本の学校についてプレゼン!
担当されたみなさん。英語でプレゼン♪ナイスチャレンジ!!
すばらしかったです。

マカオのプレゼンもしましたよ。

3つの国の教育が触れ合う、素敵な時間でした。

視察を終えたら、またバスでユトレヒトへ~^^
刺激的な時間に、みなさんの脳みそはパンパン・・笑
インプットばかりだと、パンパンになりますからね。
アウトプットの時間は、大事です。

お茶を飲みながら、シェアタイム♪
それぞれ感じたことを、共有しました。
自分の学びが、人と共有することで、全員の学びになる時間でした。

翌日の確認を終えた後は、フリータイム!
オランダでやりたいことをやる♪
視察と同じくらい、大事な時間ですよね!

▼6/19@4日目
<視察2日目>

今日の学校は、アムステルダムにある学校。
朝、駅に集合して、みんなで電車に乗って移動します。

向かうは、
セントニコラスリセイア(中高一貫校)へ。

大学みたい~~!!

小学校と中学校、まったく雰囲気と空気感が違います^^

まずは、学校の説明を聞きます。

国際交流担当の先生が、お話してくださいました。

どこに言っても準備されているカフェコーナー^^

説明を聞いて、質問に答えていただいた後。
実際に、授業を見学させていただけることになりました!
4チームにわかれて、それぞれ違う授業を見学します^^

※子どもたちの写真がNGだったのと、集中して授業をしているため写真がとりづらく・・
写真が少なくてごめんなさい><

授業を見学した後は、日本の学校プレゼン!
英語で、チャレンジ!
担当してくださったみなさん、すばらしかったです^^
現役中学生がいたので、中学生の日常もシェアしてもらいました。

視察のレポートが、学校のブログで紹介されていました!!

▼6/20@5日目
<視察3日目>
今日も朝から、駅に集合。
バスで学校へ向かいます。
今日の学校は、アハタスネレン小学校(多重知性理論の教育手法)です。

学校に到着すると、保護者のみなさんからウエルカムしていただきました♪
学校側からインフォメーションがあって、
みなさん楽しみにしてくださっていたそうです!

この学校では、二人のお子さんが体験入学させていただきました。
体験入学の二人は、到着早々、教室へ!

私たちは、学校と多重知性理論の教育手法を紹介してもらいました。

その後、日本の学校のプレゼン!
担当してくださったみなさん、すばらしかったです!

説明を受けた後、
まず、子どもたちが受けているプログラムを、
体験させていただけることに!
授業体験♪

体験後、各学年のクラスを見学させていただきました!

教育手法によって、勉強のスタイル、教室の雰囲気が異なります^^
教育の多様性がある国、オランダならでは♪

一通り見学させていただいて、
ランチの後、また学校に戻りました。

「全員で振り返りをしましょう!」
子どもたちは、下校した後だったので、先生勢ぞろい!

せっかくなので、多重知性理論の方法で、振り返りをしましょう。
なんと!ここでも、体験させていただくことができました。
一人ひとり、視察で学んだことを、全員の前でシェアをする。
とても貴重な体験をさせていただきました。

名残惜しいけれど、視察はすべて終了!

そして、視察ツアーのプログラムも終了になります。

全員で、ツアー全部を振り返り、それぞれ感じたことをシェアしあいました。
子どもも大人も、みんなで振り返り。
学びを共有した後、ツアー終了宣言!

現地にて、解散です♪

※日本に帰国して、事後シェア会がもう一度あります。
それを終えて、本当に終了です^^

解散後、それぞれの旅がはじまります。
違う町に移動する方、違う町へ遊びに行く方。

自分のたびを、自分で充実させる!
みなさんの主体性、すばらしかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本、オランダから参加してくださった
大人7名、中学生3名、小学生1名、
合計11名の旅でした。

「子どもの幸福度が高い国」
オランダには、何があるのか!?

実際に、自分の目で見て、体で感じていただけたかと思います。

心のどこかで、ずっと信じてきた願い。
学びは、子どもにとって心からの喜びであるはず。
一人ひとりを大事に、育ちも学びもあっていいはず。
もっと自己肯定感を育むことができるのではないか?

本当に子どもたちの幸せを願う心が
国を超えて、繋がりあう時間だったように感じています。

たくさんのドキドキと、
たくさんの挑戦があった旅だったかと思います。

普通のツアーは「受け身」だと思います。
でも、私たちが視察に行く国は、「受け身」とは程遠い国。

オランダに流れている「主体性」をもって取り組むこと、
オランダの教育の一端を体験していただけていれば、嬉しいです。

勇気あるみなさんと
お互いを尊重しながら、
オランダで仲間になり、
暮らしと学びを共にできたこと

感謝しています。

参加してくださったみなさん
通訳とコーディネートをしていただいた
仲本かなさん
裏方でツアーを細やかにサポートしてくれた、
事務局のYさん

ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★オランダの教育について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

★細かい視察レポート(学校ごと)は、こちらにアップしていきます^^
気長におまちください!

★オランダ教育現場視察スタディーツアーシェア会(多重知性理論がベースの教育手法、体験できます♪)
大阪金沢東京で開催します。
名古屋、調整中!
開催希望がありましたら、お声掛けくださいね。

★オランダにいってみたい!方、一緒に行きましょう♪
オランダ教育現場視察スタディーツアー、次は10月です。

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.