【オランダ教育現場視察レポ①】アムステルダムの小学校(4-6歳のクラス)

2018/09/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪
Pocket

>>オランダの教育についての基礎知識

■子どもの幸福度が高い国」オランダ、その教育とは?

■オランダと日本の教育、どんな違いがあるのでしょうか?

2015年9月にはじめていったオランダ。
その時の視察の様子をまとめていきます♪

アムステルダムの小学校。
アムステルダムでは平均的なサイズの学校。

生徒数:260名

芸術に力をいれている学校で、
「子どもの個性に色をつける!」というのがスローガンだと
校長先生が教えてくれました。
教育スタイルは、オランダの伝統的なスタイルです。

オランダの学校は、理念と教育手法が自由が認められています。
そのかわり、理念を体現していることが求められます。

学校のトイレ。

階段と窓ガラス。
美術館にいるみたい。

教室の外には、子どもたちが作った作品が・・。
学校全体が美術館?と思う様なレイアウト。

なぜなら、芸術に力をいれている学校だからなんです。

オランダの1-2年生のクラスを見学しました。
(日本の4-6歳です。)

「休み時間、何をして遊ぶか計画しているんです。」

4歳でできるの?
そんな思いをふっとばしてくれた現実。

「お部屋に色んなものが見えるわね。
車があるわ~、あそこにはブロックがある。こっちにはおままごとが見えるわね。
さー、あなたは何をして遊ぶの?」

先生は、子どもたちがイメージできるように伝えていました。

「4つの言葉を使って、教えてね。」

4文語!?これにはびっくり!!
おもちゃで 遊ぶ
じゃ足りないですよね。

きちんと文章にして、伝えることが求められる。
さすが学校だなぁ。
でも4歳でしょ・・・。

さぁ、子どもたちは、
一人ひとり、何をやって遊ぶかを考えて、決めて、発表します。

「わたしは、おままごとで遊ぶの。」

・・・4つの言葉には足りません。

先生が、質問します。

「あなたは、おままごとをして遊ぶのね。
おままごとのところは、お料理もできるし、赤ちゃんのお世話もできるわね。
あなたは、何がしたいの?」

すると、子どもは答えます。

「私は、おままごとのところで、あかちゃんのお母さんになって、お世話をして遊ぶの」

「あなたは、お母さんになるのね。あとで遊びに行くわね」

こんなやりとりが続きます。
子どもたちは、一人ひとり、何をやって遊ぶかを考えて、決めて、発表していきました。

全員が終わると、休み時間スタート(^^♪

 

 

 

子ども達は、自分で決めた遊びをやります。

先生は、それぞれの場所を見に行きますが、遊びにいく感じでした。

赤ちゃんの調子はどう?とか、
素敵な塔ができたわね!!とか、
時に一緒に絵を描いたり・・・。

穏やかで温かい時間が流れていました。

先生が指示命令したり、怒鳴り散らしたり、注意したり・・・ありません。

6歳くらいまでの子どもたちは、
途中で遊びをを変えたくなると、先生に相談しOkなら変更ができるそうです。

年齢があがると、
「あなたが決めたことを、この時間はやりましょう」
変更はできなくなるだそう。

オランダの学校に入って感じる事。
先生の声が、ほとんどしない。
だからといって、子どもたちが騒いでいる訳でもない。

なぜ??

先生のスタンスもありますが、
「先生が言葉で指示命令しなくてもいいデザイン」がありました。

すなわち。

「子どもたちが自分で考えて、判断して、行動できるデザイン」が、

環境として整えられていた!!
そこがびっくり!!

これは時間割。
1つ1つの時間ごとに、カードかされています。
そして、「ここ」ってところに、ピックがついています。

子どもたちは、これをみて、動いていました。

これもそう。
このカードの横に・・・

これが置いてありました。

「片づけなさい!!」って言わなくても。
「ねー、これどこにしまったいいの?」と聞かなくても。

子どもたちは、カードをみて、
自分が持っているものの置き場所を確認して、しまっていく。

お見事!!

これは、1週間のスケジュール。
担当の先生とか、何がある日だとか、
小さなイラストが張られていました。

とにかく、カラフルで、目で見てわかるものばかり(^^♪

極めつけは、こちら!!

信号!?

そう、信号です。

教室の中に「信号」

これは、コミュニケーションのサイン。

→話すのも動くのも自由です。
黄(橙)→必要なことは話してもOK、動きません。
→話すのも、動くのもしません。

簡単に説明するとこんな感じ。

空間のルールを、信号で示してて、
それを見て、子どもたちは、今どう立ち振る舞うべきなのか覚えていく。

ちなみに、↑の写真。
黒板の信号は「青」横の画用紙は「赤」になっているの、お気づきですか?

実は、私たちが教室に入った時、信号が「赤」だったんです。
でも、視察に入ると、説明する言葉がたっちゃいますよね。

先生と子どもたちのルールは「赤」なのに、
当てはまらない私たちが入ってしまった・・・。

それに気が付いた先生。
こういったんです。

「あら、お客様が来たわね。今は特別に変えましょう」

そういって、黒板の信号の色を変えたのでした。

誰かだけのルールではなく、
そこにいるすべての人にとってのもの。

その対応力に、うなった時間でした!!!

そして、先生から伝わるもの。
「子どもは、必ずできる。」
ってスタンス。

だから、絶対に「なんでできないの!」とか「ちゃんとやりなさい!」とか、ないんです。

子どもは、必ずできる。
それは、子どもの問題ではない。

できないのは、できるようにサポートできていない
大人の問題。

それが、どの先生からも伝わってくる。

同じ学校の7年生(日本の5年生)のクラスは、次の記事に続く・・・。

【まとめ】オランダの教育現場視察レポへ戻る♪

この記事を書いている人 - WRITER -
木村 祐理
「子どもたちが魅せる奇跡だらけの世界」を届けるべく色んな場所で活動。子どもの幸福度、底上げ実践!をしつつ、自分らしい生き方実践中♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 木村祐理オフィシャルサイト , 2015 All Rights Reserved.