ラクでいいじゃん♪

  1. 気楽なキモチになる
  2. 16 view

「わからないこと」から「やりたいこと」へ。

 

わからない。わからない。なにもわからない。

 

わからないことがもどかしい。

わからない「自分」も悔しい。

わかるように説明してくれない「誰か」も恨めしい。

「誰か」のせいにしている「自分」がさらに憎らしい。

 

 

もう、なにが何だかわからなくなってくる。

 

 

 

小さな頃によくあった。

 

勉強でわからない問題にぶち当たると起こる「なにもかもがわからない爆発」。

自分で考えて、答えが見えなくて。

降参して答えを見て解説を見るけれど、さっぱりわからない。

ということで、誰かに教えてもらう。

でも、それでもわからない。

爆発。そして、泣く。

 

 

私はこうやって、ある意味「壁」を避けて生きてきた。

いろんな「わからないこと」まで広げて考えるけれど、結局負のスパイラルってやつにハマったまま。

肝心な現実の「自分」は、何もしなかった。しようとしなかった。動けなかった。

 

 

でも、いざ大人になって自分の生活を作り上げていこうとするとき、

またぶち当たる。

でも、またぶち当たるということは、「自分」がアピールしているからなんだ。

 

動いてみたら、いいじゃない。

視野を広げてみたら、いいじゃない。

考えても考えても何も変わらないよ。

結局、どうしたいの?

 

 

そう、小さな頃の自分にそっと言ってみたいことがある。

 

わからないことがもどかしい。

なんで「もどかしい」の?わからないことに出会えてよかったね、新しい選択肢を見ることができるね。

 

わからない「自分」も悔しい。

なんで「悔しい」の?なにも悔しいことなんてないよ。

わかるから「すごい」、わからないから「ダメ」もない。なにも「悔しい」ことなんて、ない。

 

わかるように説明してくれない「誰か」も恨めしい。

「自分」が「わからない」のだから、「誰か」は関係ないよね。結局わかる時や腑に落ちる時って、ちょっとした自分の勘違いが解けた時。

それに、「誰か」が説明しているけれど、その情報を聞いているか聞いていないかも自分次第。

ほら、「自分」でしょ?そこに「誰か」は関係ない。「誰か」はなにもしない。「誰か」のせいじゃない。そして「自分」のせいでもない。

 

「誰か」のせいにしている「自分」がさらに憎らしい。

あなたは「ダメ」な人じゃないよ。

 

 

全部、自分で作り上げた「なにか」に当てはめ、「なにか」から外れたから自分で自分を責めている。

そして、目の前の問題は実際に解決はしない。

 

結局、なにがしたいの?結局、なにがやりたいの?

「自分」を責めたいの?

問題を解きたいのか?

 

 

「なにがしたいのか?」

これを見失うと、自分がおかしなことになるし、とても「イライラ」する。感情が揺れまくる。

そうなった時は、

「なにか」を解き、「何がしたいのか?」を自分に問いてみる。本当に自分がやりたいことに戻るチャンスだ。

 

気楽なキモチになるの最近記事

  1. 優雅な休日の過ごし方。たまにはお一人様も、良いね。

  2. 我慢している自分に気づく、私なりの方法。

  3. 料理で「失敗作」はないと思える今日この頃。

  4. 「自分が好き」について考えてみた♪

  5. 「とりあえずやってみる」の効果はスゴイ!

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

ゆうちゃん

日々の生活でやってみたこと、考えてみたことなどを書いています。すきま時間にちょっとハッピーになる読み物。そんなブログになると、おもしろいなあ。

プロフィールはこちら

最近の記事

  1. ほのぼの日記

    お散歩は絶品コース。
  2. ほのぼの日記

    洗濯物。ときどき魔女の宅急便なお話。
  3. 気楽なキモチになる

    優雅な休日の過ごし方。たまにはお一人様も、良いね。
  4. ほのぼの日記

    「節約」の思考って、小さな我慢の始まりなんじゃないかと思うこ…
  5. ほのぼの日記

    子供の泣く表現からわかる「泣く」ことの理由。
  6. 映画を楽しむ

    映画『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』の感想。
  7. ほのぼの日記

    「エネルギーで引かない」がどういう状態かを実体験した時の話。…
  8. 料理を楽しむ

    【お料理日記】我が家流!連日のカレーを堪能するレシピ集。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。