地に足をつけるとは??

いつもお読みいただきありがとうございます^^

 

★ お知らせ ★

 

◆・◆・◆カードリーディングの予約受付中です◆・◆・◆

自分の状態を知って、どういう方向性に進むのか??
それをカートを通じて感じてみてください。
自分の中にある答えを探していきましょう!

兵庫と東京でやっています。

 

⇒詳しくはこちら

 

◆・◆・◆5次元アイディア会議◆・◆・◆

このサービスは、ご自分で事業をされていたり、
個人事業を営んでおられたり、
もうすでに自分で進まれている方に向けてのサービスになります。

煮詰まったり、アイディアが浮かばなかったり、
一人で考えることに限界を感じたり・・・

現状を突破したい方におススメです。

東京・名古屋・大阪・神戸でおこなっています。

 

⇒詳しくはこちら

◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆

 

では、今日のお話です!

 

地に足をつけるというのは、

”今、ここ”を感じることです。

 

”今、ここ”を感じられていると、今この瞬間を楽しむことができます。

 

アナタの思考エネルギーを、”今、ここ”だけに流してみてください。

 

過去でも未来でもなく、”今、ここ”を感じてみてください。

 

 

何を感じますか??

どんな気分ですか??

 

それを感じられるということが、地に足がついているということです。

 

そして、

過去・未来だけでなく、

自分自身のことを考えられることも同じことが言えます。

 

自分自身に思考エネルギーを使っていますか??

それとも、誰か別の人に

アナタの思考エネルギーを使っていますか??

 

 

アナタの思考エネルギーは、アナタに使ってみてください。

アナタの興味のわくところに現実が現れます。

 

興味というのが、思考エネルギーの出ている方向です。

 

その方向はアナタが意図したものでしょうか??

それとも、意図したくない方向でしょうか??

 

それを感じてみてください。

 

アナタが意図したい方向に意図してみてください。

それが思考エネルギーを流す先になります。

興味を持つ先になります。

 

 

だから、興味を持っているということは、

それがアナタの体験したいことでも、体験したくないことでも、

現実に現れるのです。

 

自分にとって、

うまくいっていると思う現実と、

うまくいかない現実、

どちらを体験したいですか??

それを決めてみてください。

 

決めるというのは、興味を持たないということです。

 

考えてしまうということは、そこに興味があるのです。

もし、不安や怖さを考えてしまうのであれば、

 

それがなぜそう思うのか。

そう感じるのか。

 

その原因を考えてみてください。

 

 

自分を感じること。

今ここを感じること。

 

それが地に足をつけるということです。

 

自分が何を感じているのか。

問いかけてみてください。

 

ダメな感情は1つもありません。

どれも素晴らしい体験です。

 

正直に、感じてみてください。

怒りや不安を感じたら、

そう感じているということを自分で感じてみてください。

アナタ自身を否定する必要はありません。

 

 

怒りや不安もヒントの1つです。

そこからどう感じ、どう捉えるかは人それぞれです。

だとしたら、どう捉えますか??

考えてみてくださいね。

(◆メルマガ『自分の内なる声を聞くぞ!大作戦♪』も参考にしてみてくださいね◆)

 


この記事を読んだ方に、オススメです^^

⇒ 「急に感じた不安はどうすればいい?」

⇒ 「思考エネルギーを幻想に流さない。」

⇒ 「感情のエネルギーを手放す方法。」


 




5次元感覚で3次元を楽しむ♪
7日間で自分の声を聞くぞ!
大作戦♪

3次元を最大限楽しむには、5次元の概念が重要です。でもその概念はアナタの中に眠っていますよ~!






リーディングdeハートにリンク

カードリーディングを通じて、今の状態を知り、今よりもより豊かになるヒント・新しい方向性を得てみてくださいね~^^












5次元アイディア会議

5次元感覚で行うビジネスコンサルです。
アイディアが出てこない、現状を突破したい方にオススメです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

世の中が楽しく、軽い波動で満ち溢れた世界になるために”楽しく”奮闘中。 「せっかくだったら人間の持っている力を最大限発揮して、地球をおもいっきり楽しんじゃえばいい!!」 そのための情報(ブログ・メルマガ)を提供し続けています。