波動を上げるには??

いつもお読みいただき

ありがとうございます^^

 

★ お知らせ ★

 

◆・◆・◆カードリーディングの

予約受付中です◆・◆・◆

自分の状態を知って、

どういう方向性に進むのか??

それをカートを通じて感じてみてください。
自分の中にある答えを探していきましょう!

兵庫と東京でやっています。

 

⇒詳しくはこちら

 

◆・◆・◆5次元アイディア会議◆・◆・◆

このサービスは、

ご自分で事業をされていたり、
個人事業を営んでおられたり、
もうすでに自分で進まれている方

に向けてのサービスになります。

煮詰まったり、

アイディアが浮かばなかったり、
一人で考えることに限界を感じたり・・・

現状を突破したい方におススメです。

東京・名古屋・大阪・神戸でおこなっています。

 

⇒詳しくはこちら

 

◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆

 

では、今日のお話です!

 

波動をどうやってあげるのか。

 

波動というのは、「高い・低い」という感覚ではなく、

「重い・軽い」

という感覚です。

 

 

楽しい・嬉しい・心地いい

などの言葉を聴くと、身体がかる~くなると思います。

 

それが、「波動が軽い」という感覚です。

 

逆に「波動が重い」というのは、

苦しい・悲しい・しんどい

などの言葉を聴くときの身体の感覚です。

 

 

言葉を見ただけでも、気持ちがあまりあがらないですよね。

 

 

じゃあ、どうやって、波動をあげていけばいいのか?

ということですが、

 

 

アナタの身体が「心地良い」と思えることをするのです。

 

 

もっともわかりやすいのは、

楽しいことをする

 

なんでもいいです。

 

寝てもいいし、

YouTubeで猫の動画を見てもかまいません。

 

とにかく、「楽しい」と思うことをしてみてください。

(◆何が自分の「楽しい」ことがわからない・・・そんな方は、無料メルマガ『自分の内なる声を聞くぞ!大作戦♪』をどうぞ◆)

 

楽しいことをしている状態は、波動が上がっている(軽くなっている)状態です。

 

 

波動が軽くなると、どうなるのか。

 

 

楽しい毎日になります。

 

 

”思考が先、現実があと”なので、

アナタが「楽しい」と感じていれば、楽しい現実が出来上がっていきます

 

気をつけてほしいのは、

これは、逆も言えるということです。

 

 

アナタが「つらい・楽しくない」と感じていたら、その現実を引き寄せます。

 

 

どちらがいいですか????

 

 

それをアナタ自身で、決めることが出来るのです。

 

 

もし、楽しい現実を作りたいのであれば、波動をあげて(軽くして)ください。

今までと同じでいいのであれば、今のままで問題ありません。

 

 

嫌なら、変えてみてください。

 

 

波動をあげること(軽くすること)を意識してみてください。

 

それを実感するのは、アナタの身体です。

 

 

身体の反応を大事にしてください。

身体の反応を大切にしてみてください。

 

 

緊張したら、アナタは望んでいないことをしているのかもしれません。

 

 

誰でも常に、心地良い状態を保つことが出来ます。

それをするもしないも、アナタ次第なのです。

 

 

「楽しい現実を作りたい!」

と思っているのであれば、アナタから始めてください

 

 

誰かがしてくれるのを待っていても、アナタの現実は何も変わりません。

 

だって、アナタがアナタ自身の現実を作っているのですから

 

 

 

まずは、アナタ自身の波動を軽くしてくださいね。

 




5次元感覚で3次元を楽しむ♪
7日間で自分の声を聞くぞ!
大作戦♪

3次元を最大限楽しむには、5次元の概念が重要です。でもその概念はアナタの中に眠っていますよ~!






リーディングdeハートにリンク

カードリーディングを通じて、今の状態を知り、今よりもより豊かになるヒント・新しい方向性を得てみてくださいね~^^












5次元アイディア会議

5次元感覚で行うビジネスコンサルです。
アイディアが出てこない、現状を突破したい方にオススメです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

世の中が楽しく、軽い波動で満ち溢れた世界になるために”楽しく”奮闘中。 「せっかくだったら人間の持っている力を最大限発揮して、地球をおもいっきり楽しんじゃえばいい!!」 そのための情報(ブログ・メルマガ)を提供し続けています。