波動が合わないと感じたら・・・

● ハートの声を感じて心がウルっとする90分の個人セッション。

【東京】 1月26日(土)
14:00~15:30 ¥21,600(税込)

⇒ 詳しくはこちら

重い今ふわっと軽くなる
波動体験ワークショップ!

【東京】1月27日(日)13:00〜16:00 ¥16,200(税込)

⇒ 詳しくはこちら

 

一緒にいる人、

たまたま会った人、

たくさん人がいるところなど、

人と会うところにいると、どうしても、「(波動が)合わないな・・・」と感じることがあると思います。

 

そんなとき、どうすればいいのか?

をお伝えしていきます。

 

 

波動には、

 

「軽い」

「重い」

 

という2種類があります。

 

その場の空気や、相手の波動の軽さが自分と合えば、そんなに気持ち悪いことにはなりません。

でも、いろんな方がいる場だと、どうしても波動が重かったり、軽かったりします。

 

 

そんなときの対処法は・・・

 

逃げる。

 

これにつきます。笑

 

 

「(波動が)合わないな・・・」と感じたら、逃げれるのであれば、

その人その場から逃げたほうがいいです。

 

特に、相手の波動が重い場合、「エネルギーバンパイア」になる可能性もあります。

そうなるとアナタの波動が軽ければ、アナタのエネルギーが相手に奪われることになり、その結果とても疲れてしまいます。

(エネルギーバンパイアについて詳しくはこちらの記事をどうぞ

「エネルギーバンパイアから卒業するには?」

 

だから、

その人にリンクされないように、逃げるのです。

 

 

もし、どうしても逃げられない場合は、

相手にしない

という方法をとることができます。

 

空間に入るけど、話を聞かないなど。

 

反発(対立)すると、そのエネルギーが返ってきます。

重いエネルギーが返ってくると、より疲れてしまうのです。

 

だから、興味を持たないことが大事なのです。

(”興味を持たない”ということは・・・

「気になるところに思考エネルギーは流れている。」

 

 

それでもダメ場合は、積極的に我慢するという方法があります。

 

波動が合わないということを認めて・わかった上で「我慢する」と決めてその場に行くのです。

決めていけば、そこまでエネルギーを奪われることはありません。

 

そして、その状況が終わったら、自分の波動を軽い状態に意図して、

自分で自分の心地のいい状態に戻すということができます。

 

 

最も疲れるのは、

どっちつかずの中途半端な状態で、波動に合わない人に会うことです。

 

 

「会いたくないけど、仕事だから・・・。」

と、どっちつかずの状態でいると、重いほうを引き寄せます。

 

それは、重いエネルギーのほうが引き付ける力が強いからです。

 

 

だから、波動が合わないとはっきりわかっている場に行くときは、

アナタがどうするかはっきりと決めて行動してみてください。

 

行くならその場を楽しんじゃう。

新しい発見がないか探してみる。

 

それだけでも気持ちは変わります。

 

 

決めていけば、疲れることはありません。

むしろ、楽しめることがあるかもしれませんよ~!

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

● ハートの声を感じて心がウルっとする90分の個人セッション。

【東京】 1月26日(土)
14:00~15:30 ¥21,600(税込)

【名古屋】 3月10日(日)
14:00~15:30 ¥21,600(税込)

【兵庫・西宮】 日程自由 90分 ¥16,200(税込)

⇒ 詳しくはこちら

 

重い今ふわっと軽くなる
波動体験ワークショップ!

【東京】1月27日(日)13:00〜16:00 ¥16,200(税込)

【名古屋】3月10日(日)13:00〜16:00 ¥16,200(税込)

⇒ 詳しくはこちら


波動・思考・引き寄せについて知っておきたい
55の音声講座

波動や思考・引き寄せをもう少し深く知りたい方への音声講座です。この音声講座を通じて、今までの日常が、かる〜く、楽しいものになればいいなと思って話しました。文字ではなかなか伝えられない細かなニュアンスも、音声だったら伝えられるので、音声を通じてお伝えしていきます!


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    今西 史樹

    BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー・エネルギーコンサルタント・カウンセラー・webクリエイター 波動と思考を物質次元でどう使えば楽しくなるのか? 感覚を使いこなせるにはどうすればいいのか? を、日々実験し・検証し、体験しています。